指輪

受け継がれる婚約指輪

指輪

婚約指輪を受け取ることに憧れている女性は少なくありません。婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれ、今よりもずっと昔から存在している愛の証です。その起源は何百年も昔のギリシャにあると考えられていて、指輪は財産を示すための象徴で、それを女性に贈ることで男性側の身分を証明していたとされています。しかしそれが結婚を約束するために贈るプレゼントへと変化し、ずっと愛し続けることを誓った男性の意思そのものとして広まりました。最近ではカップルで婚約指輪を選ぶことも多くなりました。受け取る側の女性は男性からの愛を証明するアイテムなので、そのデザインなどにこだわることがほとんどです。

婚約指輪をファッション感覚で身につける女性が増えてきています。最近では婚約指輪のデザインも豊富になってきているため、オシャレに敏感な女性にとってアイテムのひとつとしての認識が広がっていているのです。素材も様々で、銀やプラチナもちろんですが、チタンなども人気を集めてきています。ずっと身につける指輪は丈夫でなければいけません。チタンは傷がつきにくく衝撃などにも強いため、婚約指輪の素材としては最適です。また、加工技術が向上したことで様々なデザインを楽しむことが可能になってきたので、好きなデザインを希望すればその通りに加工できるオーダーメイドの婚約指輪であれば、より特別なアイテムになります。男性が指輪を選んでサプライズで女性へプレゼントすることも感動的ですが、二人で選んだ指輪をずっと大切に出来るように女性の希望などを取り入れるのも良いでしょう。